◆繭玉を使った入浴法◆

繭玉の入浴剤

繭玉を使った入浴法

繭玉って入浴剤代わりに使ってもいいんですよ!!

繭玉をネットに入れて、湯船に浮かべるだけなんです。
(※繭玉を煮出したお湯を湯船に入れてもOKです。)

お湯につけると数分で柔らかくなります。
こうして繭玉の天然たんぱく質「セリシン」が溶け出した「美肌の湯」の出来上がりです。


美容液に浸るって…なんて贅沢なんでしょうね。

まさに一度に二度オイシイってこの事ですね。もしかしたら三度くらいオイシイのかも(笑)

使用した繭玉は、乾かして1〜2回くらい使えるそうですよ。天然素材なのにコスパもとっても優秀♪


お風呂でピーリング


湯船に浮かべた繭玉は、入浴剤としてだけでなく他にも使用できます。

繭玉を使った入浴法
お湯で柔らかくなった繭を利用して、お顔をはじめ肘やかかとはもちろん全身のお肌をマッサージできちゃうんです!

余分な角質を優しく取り去り、繭の保湿成分(セリシン)がお肌を包んでくれます。

繭玉の繊維は以外にも研磨力が強いので、目や口の周りなど皮膚が薄くてデリケートなところは、避けましょう。

他の部分でも、こすり過ぎると真っ赤になってヒリヒリしてしまいますから、あくまでも「そぉ〜〜っと優しく」が原則です。